この記事を書いた人

伊崎 竣

周りの人が幸せになれるよう、毎日がんばります。

寝屋川で腱鞘炎に悩む方に役立つエントリー

今回は、寝屋川で腱鞘炎に悩む方々の為に、まずは腱鞘炎とは何なのか、どのような症状なのかをお伝え出来ればと思います。

どこでどのような治療をすればよいのかなど悩む方も多くいらっしゃると思いますので、お役に立てればと思います。

腱鞘炎とは?

まず、腱鞘炎とは、腱鞘構造を有する部位で腱自体の肥厚、腱鞘滑膜の肥厚などの原因となって腱の円滑な活動が障害されている状態です。

一般的に、女性や更年周産期、手指作業者にしばしば見られます。原因としては手指の過度な使用による機械的刺激に、閉経、妊娠などホルモン不均衡が重なるためと考えられていますが、原因は不明です。

症状としては、動作時痛や腱そのものの痛み、圧痛、うずきを主症状とされる方が多いみたいです。

腱鞘炎にも、さまざまな症状が

一概に腱鞘炎といっても、様々で代表的な腱鞘炎が、ドゥケルバン病、屈筋腱腱鞘炎いわゆるばね指、石灰性腱鞘炎などがあります。

ドゥケルバン病は、長母指外転筋腱および短母指伸筋腱の通る手関節第1背側区画と言われる所の狭窄で起こる腱鞘炎です。周産期や日常で手を酷使される方や中年女性に多くみられます。

特に手関節の突起部を中心とする痛み、圧痛と腫脹がみられます。整形外科等では、局所の安静やステロイドの腱鞘内注射であり、軽快しない場合は腱鞘切開を行うようです。

次に、屈筋腱腱鞘炎いわゆるばね指です。指の付け根の部分にある靭帯に起こる腱鞘炎です。腱の通過時にバチンと跳ねるような現象いわゆる弾発現象が見られるのが特徴的です。第二関節の拘縮がみられます。治療としては、安静、ステロイドの腱鞘炎内注射などの保存療法を行い、改善しない場合は腱鞘切開術の適応になります。

そして、石灰性腱鞘炎。あまり馴染みないかもしれません。腱の起始部や付着部に石灰塩が沈着し激しい炎症反応がみられます。中高年以降の女性に多く、尺側手根屈筋腱付着部、伸筋腱付着部、手指関節周囲の靭帯などに好発します。治療は、局所の安静、鎮痛剤や鎮痛薬の内服、副腎皮質ステロイド局所注射、吸引排除など軽快しない場合は、切開などを行います。

腱鞘炎に詳しい病院、医院や治療院

難しい言葉を使い、専門的に説明しましたが、皆様はそんな専門的に覚えなくてもかまいません。

とにかく、痛みや、指の状態がおかしいなど些細な変化に気づいてください。

なので、まずはどのような状態なのか、そして、その程度、注射や手術は必要なのかなどわからないと思うので専門機関へ受診し診察してもらいましょう。

ますだ整形外科

指の状態や、腫脹がある場合多くの方々にリウマチと言われます。ただ、皆さまが思うリウマチと関節リウマチは違います。なので、整形外科で詳しく説明してもらいましょう。そして、リウマチならば必ず特徴的な症状そして、血液検査ですぐにわかります。腱鞘炎ならば、ここでは注射も可能ですし、軽快してこればリハビリも可能です。やはり、検査を受け説明してもらうのが、患者さまからしても安心だと思います。

検査や画像的所見など安心材料が欲しい方はまずは、病院などの医療機関へ受診下さい。

ただ、診察と治療は異なります。リハビリをせず、痛み止めのみで終わる場合もあります。そうすると、手指はどんどん動かなくなります。なのでしっかりと治療が必要になってきます。

たいよう整骨院

こちらの院は、保険が使えますし、整体、カイロプラクティック、鍼灸治療など様々な治療が受けられます。

大利商店街の入り口に位置していますので、比較的通いやすいです。

ぱんだ鍼灸接骨院寝屋川院

こちらも、東大利町の大利商店の中に位置しています。

ぱんだ鍼灸接骨院では、マッサージ、背骨・骨盤矯正、鍼灸治療、EMS、痩身など様々なものがあります。

腱鞘炎では、腕の使い方など痛みが出ないようにその他でかばって生活していると、姿勢が悪くなったり患部以外にも症状が出てきます。なので、患部の治療はもちろんのこと、根本的な骨格の歪みを整えそして筋肉のバランスを整えていきます。そうすることにより血液の流れが良くなり治りやすい体になっていきます。

その際必要ならば、鍼灸治療などを提案させていただきます。皆さま一人一人に合った治療をご提供します!

まとめ

今回は、腱鞘炎についていろいろまとめてみましたが、難しい話もあったと思いますが、まずは異変にいち早く気づくこと、そして医療機関に受診してください。くれぐれも放置しないでください。手遅れになる前に治療をすることをお勧めします。

この記事を書いた人

伊崎 竣

周りの人が幸せになれるよう、毎日がんばります。