この記事を書いた人

【江坂院】 洪 榮輝

洪 榮輝です。

千林でぎっくり腰にお困りの方に役立つ情報をまとめました。

「魔女の一撃」

皆さん、この言葉をご存知ですか?

実は、魔女の一撃とはぎっくり腰の別名です。

それほどぎっくり腰は大変つらい症状なのです。

当院でも寒さが厳しいこの季節に多く来院される症状の一つです。

今回はぎっくり腰について役立つ知識と治療院の情報をまとめました。

ぎっくり腰とは?

簡単に説明すると、腰の骨が作る関節の捻挫です。

たとえば、重い荷物を持ち上げた等、負傷原因はさまざまですが、意外と重い荷物よりも軽い荷物や何も持っていない状態で立ち上がった際や、しゃがんだ時のほうがなったりします。

発生要因もさまざまで、加齢によるものや運動不足などが考えられます。

まれに、内的疾患(後腹膜臓器の障害、癌など)が原因で起きることもありますが、全体の⒈パーセント以下です。

それよりも器質的病変(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)は15パーセントを占めていますので、注意しましょう。

他にも高齢者の場合は脊椎圧迫骨折の可能性もあるので留意してください。

専門的に言いますと、腰部や下肢に神経症状(痺れ、神経痛等)が無く、器質的病変(変形、椎間板の圧迫、脊椎の狭窄等)が診られない急性の腰部捻挫となります。

病院では、どのような診断が一般的?

主にX線検査が行われますが、器質的病変が疑われる場合はMRI検査も行うことが多いです。

ですが、これらの検査で何も異常が無い状態がぎっくり腰なのです。

※詳しくは、病院や医院、クリニックなどの医療施設へお問い合わせください。

ぎっくり腰の治療法は?

整形外科では主に湿布や抗炎症剤、痛み止めなどを処方して安静にすることを指導されることが多いです。

痛みが強い場合はブロック注射などで神経を麻痺させて痛みを感じさせないようにすることもあります。

接骨院では、状態把握した後にアイシング、手技療法、矯正治療、テーピングなどで痛みの軽減を行い少しでも早く状態の回復に努めます。

骨格の歪みが根本的な原因であることが多いため、矯正治療で痛みが無かった元の状態に骨格を戻すことで、負傷箇所の血流もよくなり治癒力が上昇し痛めた筋肉の回復が早まります。

また、炎症期は筋肉に負担がかかるだけで痛みが走り、負担がかかり続けることで治りが遅くなるため、テーピングを用いて筋肉の負担を軽減してあげることで痛みも軽減されます。

他にも鍼灸治療などで筋肉の回復を早めることもできます。

大事な大事な予防法は?

急な動きをした際に起こることが多い症状なので、筋肉の状態が悪くなっていることが考えられます。

つまり筋肉の状態をよくすることでぎっくり腰の予防ができます。

具体的には、運動不足の解消や筋力強化です。

固まっている筋肉を運動することで柔軟性を取り戻し筋持久力をあげることで急な動きにも対応できます。

また、筋力強化も主に骨格を支える体幹のインナーマッスルを鍛えることでぎっくり腰の予防ができます。

ぎっくり腰にくわしい治療院

にしむら鍼灸接骨院

住所;大阪市旭区千林1-6-10
TEL;06-6185-0022
ウェブサイトURL:http://www.optimal-web.co.jp/

千林駅前接骨院

住所;大阪市旭区千林1-10-12
TEL;06-6955-7234
ウェブサイトURL:http://senbayashi-seikotsuin.com/

新森桂整骨院

住所;大阪市旭区新森2丁目16-6 フローラル新森101
TEL;06-6958-6030
ウェブサイトURL:http://www.seikotsu.com/

たつみ鍼灸整骨院

住所;大阪市旭区森小路1-5-12-1F
TEL;06-6954-5533
エキテンページURL:https://www.ekiten.jp/shop_6000449/

まとめ

いかがでしたでしょうか?ぎっくり腰は早めの治療で早期に回復します。湿布や安静だけが治療法ではありません。

痛い腰を上げて治療に行きましょう。

この記事を書いた人

【江坂院】 洪 榮輝

洪 榮輝です。


Warning: Use of undefined constant newwiget - assumed 'newwiget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/1610r3/www/optimal-web.co.jp/wp-content/themes/1610r_infoblog/sidebar.php on line 12