この記事を書いた人

【千林鍼灸院】 院長 大塚 哲

普段の勉強会や、院外活動、会社行事はもちろん、休日の様子も公開中^^
たまには真面目な記事もアップします。
スタッフや、通院してくださっている患者様が楽しめるようなブログを目指してます^^

ウニウニ勉強会 ~ちょっとお裾分け~

image

 

今回で3回目の

ウニウニ勉強会。

 

image

 

過去2回の講義で

インサイドアウトの考え方

私的成功

目標達成(P)と目標達成能力(PC)

など、

基礎の内容を学んできました。

 

image

 

ここからようやく

習慣に入ります。

 

image

 

社内で言うと・・・

 

インサイドアウトの考え方で私的成功する

後輩の私的成功をサポートする

部分的でも自立すれば

その部分で相互依存できるようになる!!

 

という感じです。

 

image

 

まず自分が私的成功するためには??

 

そのために必要な第1習慣。

 

「主体性を発揮する」

 

第1習慣のまず第1項

「自己責任の原則」

 

人間は、

自分の考えた事を考える事ができます。

つまり、

思考を変えることができるのです。

これが

“自覚”という能力で

他の動物にはない能力なのです。

 

自己の経験以外に

他人の経験からも学ぶことができる。

習慣を変えることができる。

自己パラダイムを客観的に

見ることができる。

 

ここで重要になるのが

自我と自己の擦り合わせです。

 

自分が思う自分(自我)

他人から見た自分(自己)

相違しすぎていると問題です。

 

色々な人を見てきていても

自己パラダイムだけで捉えていては

いけません。

「私は客観的に物事を見ることが

できる人間だ!!」

と、思い込んでいる人も多く

そういう人は、

成長の可能性を消してしまったり、

他人とのコミュニケーション能力も

低くなってしまいます。

 

こういう時に必要な能力が

パン長🐼的に言うと

頭の中をセパレートする

ということです。

 

つまり、起こった出来事に対して

事実と感情を分ける

ということです。

 

自己パラダイム

正義・公正・尊厳などの原理原則と

環境だけではありません。

そこから

「自分の思い込みだ!!」ということを

知ることができるのです。

 

これが

自己責任の原則です。

 

第1習慣

「主体性を発揮する」ための項目は

今回お裾分けした

「自己責任の原則」から始まり

②社会通念という歪んだ鏡

③人生の責任を引き受ける

④頭と率先力を使う

と、

どんどん進んでいくのですが。

 

あまりにも膨大な量なので

今回はこれぐらいにしておきます。

 

また次回も少しだけ

お裾分けしたいと思います。

 

この記事を書いた人

【千林鍼灸院】 院長 大塚 哲

僕はブロガーではありませんが、ブロガー並みに、3年以上1日も欠かさずにブログをアップし続けてます(笑)

普段の勉強会や、院外活動、会社行事はもちろん、休日の様子も公開中^^
たまには真面目な記事もアップします。
スタッフや、通院してくださっている患者様が楽しめるようなブログを目指してます^^